イクオスvsフィンジア!薄毛対策に効果がある育毛剤はどっちなの?

育毛剤の評価を調べた結果、イクオスとフィンジアどちらを使おうか迷っている、と言う人は多いのではないでしょうか。

イクオス・フィンジアのどちらも育毛効果が期待できる人気の商品ですが、果たしてどう違うのでしょうか?

この記事では、そんな2つの育毛剤の違いや、どんな人にオススメするかなど、比較してみました。

イクオスは独自成分配合。その他の特徴は?

まずは、イクオスという育毛剤がどのようなものなのか、そしてどんな効果を発揮するのかをみてみましょう。

厚生労働省が認めた有効成分配合

イクオスには、主に3種類の有効成分をベースとして61種類もの頭皮ケア成分が含まれています。

そもそも抜け毛はDHTと呼ばれている脱毛指令を出す物質が体内に増えることによって起こりますが、イクオスの有効成分は、男性ホルモンをDHTに変えてしまう物質をブロックします。

また、すでに発生してしまったDHTの働きも抑え、さらに髪に必要なアミノ酸やビタミン類などの栄養、そしてそれを行き渡りやすくするために血行を促す成分など、あらゆる角度から頭皮をケアしてくれます。

独自成分アルガス-2とは?

イクオスは、上記の有効成分が含まれているだけではなく、独自成分のアルガス-2が配合されているのが大きな特徴です。

このアルガス-2は、高い頭皮ケアの効果があると言われる海藻成分M-034に加え、保水力に優れたペルベチアカナリクラタエキス、さらにはヒアルロン酸と同等以上の保湿力を誇るスサビノリエキスを独自に配合したものです。

しかも高分子ナノ水を使用することによって、頭皮の奥にまでそれぞれの成分を導入させます。

これにより、頭皮の環境を改善しながら、保湿で有効成分が出て行くのを防ぎ、効果がより期待できると言うわけです。

さらに効果を高めるサプリとセットでお得

イクオスには、育毛剤だけではなく、体の内側からも育毛ケアができるイクオスサプリEXという商品があります。

このサプリメントには、育毛に欠かせないとされるノコギリヤシエキスや、髪の栄養である亜鉛をはじめ、さまざまな栄養成分がたっぷり含まれています。

しかも、このサプリメントと育毛剤のセット定期便を申し込むと、通常の65%オフの6,980円で購入することができます。

食生活が乱れている人や、栄養が偏りがちな人はいっしょに取り入れると良いでしょう。

フィンジアは話題の成分「キャピキシル」配合

フィンジアは、世界でも注目されている成分の1つ、キャピキシルを配合しているのが大きな強みです。詳しく見ていきましょう。

一つで二役のキャピキシル

薄毛に効果が期待できると注目のキャピキシルは、「髪を強く育てる」「抜け毛を減らす」の2つの役割をこなしてくれるかなりの優れもの。

抜け毛の原因であるDHTの発生を防ぎ、さらに髪の健康を保つ働きもしてくれます。

フィンジアはそんなキャピキシルを5%も配合しており、他のキャピキシル系育毛剤と比べても高い配合率です。

浸透率の良いピディオキシジルも配合

育毛成分として話題のミノキシジルの弱点、「浸透力」を改善したピディオキシジル。

フィンジアは、このピディオキシジルも2%配合されており、2つの成分でかなり効果への期待が高まります。

また、カプサイシンの働きで血流を促し、浸透力をさらに高めているのもポイントです。

イクオスとフィンジアどちらを使えばいいの?

どちらもかなり工夫のなされた商品で、「結局どちらを使えば良いの?」と迷ってしまいますよね。

それぞれの特徴を表にまとめましたので、皆さんがどちらが使いやすいかを考えてみましょう。

イクオス フィンジア
有効成分 ×
キャピキシル
ピディオキシジル
×
配合成分数 61種類 14種類
浸透力
サプリとのセット販売 ×
1つあたりの価格 9,698円 12,800円
定期便の価格 5,980円 9,980円
返金保証の日数 45日間 30日間

イクオスをお勧めする人

  • 厚生労働省が認めた有効成分
  • とにかく成分数が多い
  • サプリとの併用が可能
  • 最新成分アルガス
などがイクオスの強みです。

成分数が圧倒的に多いので、何が原因で薄毛が起きているのかわからない人、最近抜け毛が気になり始めた人や、そろそろケアを始めておこうかな、という人が初めて手にする育毛剤としてオススメです。

また、手に取りやすい価格帯ですので長く続けたい人にも嬉しいですよね。

フィンジアをお勧めする人

  • キャピキシル配合
  • ピディオキシジル配合
  • 高い育毛力
などが強みのフィンジア。

どちらかというと、いろいろ試してみても、いまひとつ髪の生え方が良くなかった、と言う人にお勧めです。

イクオス&フィンジア両方の合わせ技もアリ

どうしても選べない、と言う人はもし経済的余裕があるならば、2つとも使ってしまうのも1つの手です。

どちらの商品も肌に優しい成分でできていますので、混ざることによってかぶれや炎症を起こす可能性も低いと思います。

デリケートな方は一度パッチテストなどしておくと安心ですね。

実際に朝晩で2つの育毛剤を使い分けている、なんてユーザーも存在するようです。

総合力に優れ、抜け毛予防に強いイクオスと、発毛力の高いフィンジアでいいとこ取りをできる使い方ですね。

総合的に見るとイクオスに軍配か?まとめ

抜け毛や薄毛の原因は人それぞれですし、どの成分で効果が出るかと言うことを突き止めるのは非常に難しいです。

なので、どの育毛剤を選ぶかはやはり個人の好みにはなりますが、総合力と価格のバランスを見るとイクオスが選ばれやすいのではないでしょうか。

イクオスは多方面から抜け毛の原因に働きかけたり、髪に栄養を届けたりしてくれますし、サプリとの併用で体の内側からのケアも可能です。

サプリとのセットを購入してもフィンジアよりも安いので、初めての人も長期間続ける人もかなり経済的で手に取りやすいと思います。

もちろん、自分は発毛力が強い方がいいと言う方はフィンジアを試されるのも良いと思いますが、迷ったらとりあえずイクオスを試してみるのが良いでしょう。