イクオスは50代からでも遅くない?年配女性にも効果あるか疑問解消!

加齢とともに頭皮だけでなく全身の代謝が落ちてくる40〜50代。

イクオスには使用の際の年齢制限はありませんが、40代、50代の体質でも効果があるのでしょうか?

今回は加齢とともに起こる体の変化や、それに対するイクオスの効果などをご紹介したいと思います。

そもそも40〜50代の薄毛の原因は何なのか

若い時から薄毛に悩む人もいれば、歳を重ねて気がついたら少し頭皮が気になってきた、と言う人もいるでしょう。

髪が抜けるのだから、どちらも同じようなものだと思うかもしれませんが、40代50代の抜け毛と、若い人の抜け毛の圧倒的な違いは「新陳代謝」にあります。

AGAの根本的な原因は年齢にかかわりなく同じなのですが、新陳代謝の良い若い世代の場合、フェステナリドなどの抜け毛を防ぐ薬のみでも効果が期待しやすくなります。

しかし髪が抜けて行くことさえ防止できれば、代謝の良さで発毛を自力でできる若年層と違い、40代50代の人は発毛する力も補う必要があるのです。

イクオスは40〜50代の抜け毛にも効くのか

上記の理由からただ抜け毛を食い止めるだけでなく、頭皮環境の改善や、髪への栄養補給の為の代謝を考慮する必要のある中年層の育毛。

果たしてイクオスはこの2つをしっかりカバーできる育毛剤なのでしょうか?

大きく3つのポイントに分けてみてみましょう。

①抜け毛の防止力が期待できる

そもそも抜け毛が起こる原因はDHTと呼ばれる物質が、脱毛指令を出してしまうことが原因です。

DHTは誰でも体内に持っている男性ホルモンと5αリダクターゼと言うものが結合してできてしまうのですが、イクオスに含まれるオウゴンエキスやダイズエキスなどがその働きを抑止してくれます。

さらに、すでに発生してしまったDHTが受容体と結合し、脱毛因子を出してしまう前に、クワエキスやシャクヤクエキスなどで包囲。

つまり、DHTを生成させない&生成してしまっても脱毛指令を出させないと言うダブル効果で抜け毛の抑止効果が期待できます。

②イクオスは高い発毛促進力を持つ

脱毛を防ぐだけでなく、新たな髪の成長も手助けしてくれるイクオスですが、中でも注目は、、独自の成分「アルガス-2」と言うものです。

血流を増加させる作用などが注目されているミノキシジルと同等の効果を持ち、さらに細胞活性アミノ酸を含んだ「M-034」と保湿力の高いペルベチアカナリクラタエキスを合わせたものがアルガス-2です。

さらに、ヒアルロン酸と同等以上の吸保水力を誇るスサビノリエキスも配合しており、髪の強度向上に期待が持てます。

③AGA以外の40〜50代にも使える

上記の脱毛抑止・発毛促進成分を含め、イクオスに含まれる成分は実に61種類。

頭皮環境を整える保湿成分や、血流を促進させる成分、髪の成長に必要な栄養素など、さまざまな成分を含んでいます。

これによって、人それぞれ違う脱毛の原因に多方面からアプローチできるため、いろんな悩みに対応できる育毛剤と言えます。

抜け毛以外にも髪が細ってきたひとや、皮脂が多くて気になる人なども試してみると良いかもしれませんね。

女性は20代と50代で育毛剤を変える必要がある?!

新陳代謝の面で、男性と同じく若年層とのケアが違ってくるのはもちろんのこと、50代の女性の抜け毛はまた違った要因があります。

20代で抜け毛に悩まされる女性の大半が、頭皮環境の乱れや、ストレスによる血行不良なのに対し、50代女性は女性ホルモンの減少が大きな原因となってきます。

このため、女性は特に抜け毛に対するアプローチの仕方を変える必要があるのです。

イクオスなら50代女性の悩みもカバー

女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの影響を受けやすくなりますが、女性ホルモンを増やすことはできません。

そのため、脱毛作用を持つ男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの活動を抑える必要があります。

イクオスには際ほど述べた様に、男性ホルモンが脱毛作用を持つ物質に変わるのを防いでくれますので、50代女性の頭皮ケアにも最適といえます。

【結論】イクオスは40代50代の男女にもおすすめ

医薬品に頼らない育毛は、長い年月をかけてゆっくりと進めていくものですので、思い立った日がはじめ時です。

イクオスにはサプリメントもありますので、全体の代謝が衰えがちな40代50代の人達はそちらも併用して、体の内外からケアするのも良いでしょう。

若い頃と違い、何をするのにも一朝一夕とはいきませんが、長期的に頭皮をいたわる方法として、イクオスをお供にしてみてはいかがでしょうか。